2004/08/18

うううう

携帯から投稿する方法がわからん。機械に弱い音お父さんみたいになってるー。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/08

テスト

200404020056000.jpgうまい棒にコンビーフを詰めて食う。勝ち組の料理だ。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/08

テスト

テスト


posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/08

テスト

200407210718000.jpgマンゴーだいすき
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/08

2004/08/17

こんちわ

えー、前の日記で継続は力なり、とかのたまってた割に1日も続きませんでした。なんだそりゃ。



なんか、夏休みがものすごい多忙なんです。教習の存在がでかい!

車での旅に限界を感じた僕は、この夏休みツーリングをするため二輪免許を取りに教習所に通ってるんですが、その教習所が京都は西院にございまして、ものすごく遠いんだな!自宅から1時間以上かかる。

まあ、9月中に1回はバイクで小旅行でもしたいものです。



次、北海道。北海道ファンと化した僕は、今年も北の大地に飛び立ちます。

で、気付いたんですが、僕のサイトに、「北海道旅日記」みたいなコンテンツがあるんですが、もろに一年間放置してました!プロローグが書きたいだけみたいになってる!



発つのは明後日なんで、はっきり言ってそれまでに書き上げるのは不可能です。うきゃー!



今年は携帯から投稿しようかな。でも携帯で文字打つのしんどいんだな。パソコン持っていくか!



んで、サークルの合宿。北海道から大阪に帰ってくるのが夜の8時半。その2時間半後に夜行バスで合宿地の長野に出発します。



はっきり言ってかなりハード。真剣に間に合わないような気さえします。しかも4泊5日、北海道の旅から帰ってきた直後、合宿で着る服とかないに決まってます。服いっぱい持ってるおしゃれさんならともかく、一週間のローテーションさえままならない僕。すげー。非モテ臭がプンプンするぜ!



合宿は裸ですごすか!!とも思ったんですが、風邪ひきそうなので今日ユニクロで大量に500円のTシャツを買い込みました。ユニクロの中でも頑張ってお洒落なシャツを選んだら店員の嘲笑が聞こえてきそうなので、思いっきり500円ぽいやつばっか買い込んでやったわい。



というわけで、長野に着くころにはきっとボロボロです。



すげー日記っぽいな。こんな感じだと書くのも楽だ!でも毎日書くことなんてないんだ!インドア派だから!
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/08

2004/08/05

花火ー

こんばわ、はななべです。なんだかすっかりこのブログだか日記だかも放置してしました。継続は力なり、と昔の人はよく言ったもので、しばらく頑張って続けたいと思います。というわけで久々の更新。



昨日の話になるんですが、大阪で毎年開催されている、淀川花火大会に行ってきました。この淀川花火大会、かなりの規模(2万発?かな)と、花火を打ち上げるあいだに妙な間がなく、一時間ほどの間にどっかんどっかん打ち上げちゃう点で、個人的にすごい好きな花火大会です。



しかし、やはり人気も高く、人出も相当な多さになります。少しでも花火を見るのにいい場所を、と今年はちょっと早めに会場に行き、川の土手の上に席を確保。土手の上からだと行き交う人が良く見えまして、サークル仲間が下のほうで陣取ってわいわいやってるのが見えました。ん万人の人の中からよく見つけれたわい。mk赤い服目立つ!



花火が打ちあがるのを待ってる間、雨が降ってくるわ風がきつくて寒いわで大変でしたが、それでも花火が上がる瞬間っていうのはそういったものを忘れさせてくれますな。周りの人もキャーキャーゆーてた。



で、花火を見ているとふと気付いたんですが、携帯のカメラに花火を収めようとしてる人って結構多いんですね。携帯の液晶画面が夜景みたく闇に浮かぶイルミネーションになってて綺麗でしたが、それはさておき、花火の本質は静止画では伝えることが出来ないと僕は思うんですよ。



花火の良さっていうのは、闇に浮かび上がって一瞬にしてまた闇に消える、その儚さにあると。花火は綺麗だけど、もしそれがずっと空にあるものだったら、人はみな見向きもしなくなるでしょう。花火の、その美しさにはもちろん、それが生まれでた刹那消えていく儚さに僕らは魅了され続けるのではないでしょうか。



そんなわけで、携帯をいじる人々を余所に、僕はその一瞬一瞬に生まれては消える花火を一心に目に焼きつけていたのです。





嘘です。



ほんとは、僕の携帯のカメラ、すっごい性能悪くて、花火撮ろうとしたら光がきつくて画面真っ白になって、何がなんだかわかんなくなったんで諦めただけです!ああ、俺もまともなカメラが付いた携帯が欲しいなーー!!
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/08

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。