2005/11/30

映画レビューその@ ジム・キャリー「マジェスティック」

今日は映画レビュー。

この前の土曜日、友人(おっぱい星人の大仏君)が家に泊まりにきた。映画好きな友人なので、彼が泊まるときは何か一本ビデオを借りてきて鑑賞をするのがいつのまにかお約束になっていた。

SFだったり、ホラーだったり、ヒューマンドラマだったり、エロビデオだったり。
映画好きの彼のチョイスゆえに、エロビデオ以外は大抵当たりを引いていた。

このときも彼は、一本のビデオを持ってきて、これにしよう、と言った。

ジム・キャリー主演の「マジェスティック」という映画だった。同じくジム・キャリーが主演俳優を務める「トゥルーマン・ショー」は僕の好きな映画の一つだ。大仏君いわく、このマジェスティックはトゥルーマン・ショーよりいい、と評判らしい。

彼の選択には間違いがないだろう、と信頼する僕は、期限切れの会員カードの更新をし、当日返却でそのビデオを借りた。

しかし、その友人と会うのはそれなりに久しぶりで、お互い積もる話もあった。というか、お互いおっぱい好きなので、当然おっぱいについて熱いトークを繰り広げてしまって、完全にビデオは放置プレイ。当日返却だったのにー。


忙しくてそのまま今日まで放置してたんですが、このまま延滞し続けるのは金の無駄と、睡眠時間を削ってでも見ようと思ったわけですよ。


アイブサキのドラマを見終わってから、ビデオをインします。
本編の前のCMが流れる。すると、まだ起きていた母親が興味を示してきた。アイアムサムのCMだった。この映画も好きだわ。

「ああ、これテレビでみたわー」と母親。
それを、「ああでもテレビって、日本語(吹き替え)やろ?やっぱ英語じゃないとな。訳さない英語の綺麗さがわからん」と、なんだか分かってないくせに得意げに返す僕。

「いやね、でもほんと、字幕そのままの英語ではないセリフを聞くのがいいというか。かと言って字幕なしでは何言ってるかわからないんだけど。ああ、うまい意訳だなとか、そんな発見も楽しいやん。吹き替えはだめぽ。」
若干酔ってて機嫌がいいのか、母親に向かってしょうもない自論を展開する。

ともかく、僕は「映画見るなら字幕スーパーじゃなきゃあかん」という変なこだわりを持っているのだ。


さあ、CMも終わり、本編だ。


・・・・。

・・・あ、あれ。ジムが・・?日本語喋ってるよ?ああああれ?まさか・・・・

思いっきり吹き替え版でした。

横でおかんが爆笑。もう大仏くんのチョイスとか、信じれない。始まって5秒で停止ボタン押したわ。ドブに捨てた700円。


posted by hananabe at 03:19 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
ども、大仏です〜。映画ってほんとにいいですよね。
昨日夜中、学校帰りにAV借りに行ったら17円しかなくてレジで固まりました。
近くの友達ん家行って金借りてまでAV借りたボクはダメ人間でしょうか?

最近ブログ始めたんで、ひまやったら見たってください。しょもないけど。。
Posted by 新手のスタンド使い at 2005年11月30日 19:10
レジでそんな恥ずかしい思いをしておきながら意地でもAVを借りようという姿勢に感動した。
変態やな。

ブログが悔しいけどおもろいんでリンクしておきました。
Posted by はななべ at 2005年12月01日 04:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9987680

この記事へのトラックバック

今日から使えて、3日後には成果でる恋愛テクニック
Excerpt: 実は・・・顔が悪くても、性格が最悪でも、ビンボーでも、口下手でも、女の子を落とすのに、さほど関係はなかったのです。
Weblog: 恋愛特効薬
Tracked: 2006-04-14 19:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。