2003/12/04

イニシエーション(通過儀礼)

どうも。なんでだか5時まで起きてるhananabeです。どうでもいいがhananabe日記というのはものすごくヒネリがないタイトルだ。しかし元からこんな名前だったわけではなく、最初は別の名前だったんです。

「コサックス日記」

オタクゲームのコサックスの戦況を綴る、といった趣旨で始めた日記でした。これもヒネリがないな。なんで名前を変えたかというと、「コサックス」でグーグル検索かける世の中のコサックスプレイヤーにかなりの注目を浴びてしまうからです。なんか1頁めくらいに出てきやがんの、この日記。

世の凄腕コサプレイヤーにサークルの仲間とのぬるい試合の戦況を晒すのはあまりにも恥ずかしいので、急遽名前を変更することとなったのです。

と、なんだか最近になってこの日記を読み出してくれた人たちに名前のひねりの無さを言い訳してみました。きもいですね。


さて、前置きが長くなってしまいましたが、今日は昨日の日記にも出てきた「イニシエーション」について話したいと思います。

イニシエーションって倫理の時間に習った言葉ですが、意味は少年から成年に変わる儀式、みたいなものです。日本にはそれがなくていつまでも子供の人がいるんですね。適当トークです。

でも、僕はイニシエーション、つまり元服が失われてしまった今でも、少年から”青年”へと変化するイニシエーションは存在すると思うのです。そうです、「エロ本、エロビデオとの遭遇」です。これを経験せずに青年になった少年など何処にいるのだろうか?中学時代、僕らクソ男子に訳の分からない結束力を持たせ、エロビデオを回すことで新たな友情が芽生えていったものです。

ちなみに僕のイニシエーション経験は、小学校6年のときでした。小学6年といえば、淡い初恋を抱き、優秀な子は塾に行かされ、またある子は終わりの会で今日の悪行を独裁者である先生にチクられたりする、そんな年頃です。

その日もいつもと変わらない日常を過ごし、明日はカレーだ、とか今日のうどんとパンの組み合わせはなんなんだ!!とか給食話に華を咲かせた下校時に、僕はその儀式の洗礼を受けるのであった。

僕には小学校の頃仲の非常によい友達がいまして、いや今も友達なんですが、そいつと道を歩いていたんですよ。そして、公園に続く階段の入り口に、粗大ごみのテレビが落ちていたんですね。当時もうクソが10個くらいつくクソガキだった僕らは、何が楽しいのかそのテレビをけり倒し、公園まで破壊しつつ運んだんですよ。階段は下りなのだ。ほいで、公園についたとき、僕らの視界に飛び込んだものは!!

いや、話の流れからエロ本以外にありえないんですが、その通り雨でガビガビになったエロ本だったんです。そりゃあもう、未知との遭遇だぜよ!!今までそんな性的なものからは本能的に遠ざかり、興味はあるけど、仲間たちで互いに牽制しあっていたんだが、もうなんせ小6だ!!俺なんて集団登校の副班長やってたんだぜ!!そんなこんなで2人の間にはいつもと違う空気が流れていたのであった。

恐る恐る手を伸ばし、ガビガビになった本をめくり、一生懸命読む。なんかね、もう衝撃だった。衝撃的エロさ。めくるめく大人の世界。
「うわ、なんなんこれー」「ちょっとおもろいな」などと表面上はエロ本を見下した態度をとっているのだが、心の中は持って帰りたい一心だった。せめて雨で濡れてなければ。結局その日は誰かが捨てたエロ本6冊を全て読み終え、なんだかいつもと違う面持ちで家に帰ったのである。

・・・次の日

僕らはいつも仲の良い4人で行動を共にすることが多かったんです。まるで海外の青春ドラマのように。速攻昨日いなかった2人に報告です。当然、今日の帰りに行こう、ということになりまして。ちなみにその公園は学校で指定された下校道では通ることができないので、他の子供が僕らの行動に気づく訳もありませんでした。

終わりの会が終わり、サッカーをするクラスメイトを横目に僕らはそそくさと帰りました。なぜだか勝った気分です。

そして公園に着くと・・・エロ本が増えてました。繁殖に成功したようです。10冊はかるく読み漁ったな。しかしですね。その公園、裏が山というか、藪になっていたんですよ。藪から棒とは昔の人はよく言ったもので、藪からエロ本が出てくるかもしれないじゃないか!!

4人総動員で山狩り開始です。

すると、イケメンI君が予想外の大物を捕らえたようです。な、な、なんと!アダルトビデオを発見したのです。2本見つけました。早速近くにあるO君宅で試写会開始です。もうね、衝撃でした。衝撃的エロさ。めくるめく官能の世界。みんな明らかに呼吸数と心拍数が上がっています。ちなみに看護婦さんは血圧測る振りして呼吸数計ってるときがあるから気をつけろ!!

その2日間で僕らの知識は当社比300%増量したのでした。あのときのイニシエーションがあったからこそ、そこそこに皆普通に中学、高校での恋愛をこなしていけたのでしょう。そう、なくてはならないものでした。

そしてそれから時の経つこと8年、現在です。初めての上映以降試写室を提供しつづけてくれたO君が町を出て行くことになりました。そして彼が旅立つ前夜、僕らは思い出話を肴に飲み明かしました。そして彼はそのとき自宅に所持していたエログッズを僕たちにくれる、というのです。

明日、俺が出発する前にあの公園にDVDやらビデオやらを置いて行くから、欲しかったら取りに来い、と言うのです。

翌日、バイトが終わった僕は一人その公園に向かいました。が、同年代のお兄さんが愛犬とデートしてたので邪魔しちゃ悪いと思い、エロビデオを諦め家路に着いたのです。その後、他のやつに取りに行ったか尋ねると、答えはノーでした。取りに行ったけど持って帰れなかったのは俺だけのようです。では、彼の置いていったエログッズは一体どうなったんでしょうか。きっと、あのときの僕らの様なクソが10個くらいつくクソガキに発見されたんでしょう。

そしてそのガキが大きくなって、処理に困ったエロ本を・・・なんだ、その、よくいうじゃないですか。

「歴史は繰り返す」

ってことだと思います。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
当サイトではセレブ熟女の性欲を満たしてくれる男性に高額謝礼をお支払いし、デートや一晩のSEX、月契約など選べる逆援出会いの場を作っております。アルバイト感覚でもお待ちしておりますので当サイトで無料登録をどうぞ
Posted by 熟女 at 2009年08月08日 11:54
女性向け風俗サイトで出張デリバリーホストをしてみませんか?時給2万円の高額アルバイトです。無料登録をしてあとは女性からの呼び出しを待つだけなので、お試し登録も歓迎です。興味をもたれた方は今すぐどうぞ。
Posted by デリバリーホスト at 2009年09月03日 11:24
救援部ではHな女の子のオナ写メが無料で見れちゃいます。また好奇心旺盛でいろんな事をしてみたい女の子たちが自分の一人Hを手伝ってくれる男性を探しています。ここでヤればヤるほどキレイになると信じている女の子達と遊んでみませんか
Posted by 救援部 at 2009年09月29日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。