2004/05/14

おす

GWのことで日記を書こうとしたら途中で止まってしまって、どうしようもないので他のこと書くことにしました。



今日も僕はケーキ屋でバイトをしていました。はっきり言ってもう辞めてもいいんじゃないかと思っています。なんかね、作業が単純というか・・・。



春休みには真剣に辞めようかと悩んだものです。今年のホワイトデー、僕は彼女に手作りのケーキをあげたのですが、うん、キモイか。あげたんですよ。彼女はバレンタインに手作りでお菓子とかくれなかったんですが。



紅茶のパウンドケーキ、みたいなのを作ってみました。

材料の量は当たり前のように、ボウルやらふるいやら、バイト先で使うものとサイズが違いすぎてなんだか妙な感動というか優越感にひたりつつも、適当に作ってみました。



これ↓







なんとまあ、普通にうまかったです。もう俺ケーキ作れるし、バイト変えようかと真剣に思った。別にバイト先でケーキ作ってるわけじゃないんですが。



それでも行動力がない僕は辞めるとか言い出せず、春休みも終わってしまいまして。んでまあ、その後彼女の家でなぜかシュークリームを作ることになりまして。



うちのケーキ屋はシュークリームがかなりおいしくて、安い故に目玉商品の一つとなっています。もしこのシュークリームに近いものが作れたら、ケーキ屋卒業して店出せるんじゃないか!興奮してきました。出せないか。



実際にカスタードを炊くところは何回も見ているので、手順はなんとなしに覚えています。作ったことなんかありません。バイトがカスタードさわれるときは冷ますときくらいです。カスタードは氷水で急激に冷やします。湯煎の反対バージョンみたいに。で、そのときコンチェって言ってカスタードを混ぜる作業を行います。ダマができないように。混ぜれば混ぜるほどおいしいそうな。



とまあ、自分で実際に作ったことなんかないのですが、適当に作ってみました。



まずシュー生地。あんま覚えてない。いつのまにかできてました。





ちゃんとふくらんだべ



シュー生地を焼いてる間にカスタード。なんか燃えてきます。しかし、やっぱりケーキ屋で炊く量とは比べ物にならないほど少量。なんか拍子抜けです。炊き上がった後冷ますのにも氷水なんか使いません。冷蔵庫に突っ込むだけです。簡単なもんだ。



しかし、そうは問屋がおろさず・・・







ダマできちゃいました。炊くときから出来てたので、どうも炊き方がイクナイっぽい。



味のほうは結構いい感じだったんですが、やっぱり奥が深いですね、カスタード。



カスタードが一人前に炊けるようになるまで、バイト続けさせていただきます!!

見てるだけだけどなー。

posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/05
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。