2006/12/08

12/8 ハッピーターンの粉うめぇ

バイト先のことを少し書きます。まずはメンバー紹介。

ボス・・・僕らの部署を支える大黒柱。色んなフォトショップの知識とお菓子を僕にくれる。
バイト、絵師君・・・バイト仲間。萌え絵描いてるらしい。思わず僕も絵描いてましたとか言いかけた。あぶねぇ。フォトショすげー使える人。
バイト、けーすけ君・・・バイト仲間。PSPとかニンテンドーDSとかの裏技いっぱい知ってる。けど俺両方持ってないんだ!

と、その他数人のバイト仲間と社員さんで和気あいあいとやってます。上のメンバーで深夜までやったりしてます。




僕らのボスは、すでに述べたようにお菓子をやたらくれます。パソコンの作業と言えど、脳を使ってるのかお腹すくので助かります。それでまたお菓子のチョイスが憎いんですね。

初日は雪の宿とヤングドーナツでした。ヤングドーナツは庶民の味方。

次の日はハッピーターンでした。一気にテンションがあがります。粉うめぇ!!
「ハッピーターンの粉はハッピーパウダーって言うんですよ」ってボスに教えたら、嬉しそうに「ハッピーターンの表面にはハッピーポケットっていう粉を入れるくぼみがあるんだよ」って教えてくれました。なんだこのハッピーな知識は。

その次の日はうまい棒でした。なんとなく予想できてた流れですが、みんなでワイワイ言って食べました。うまい棒ってなんであんなにテンションあがるんだろうな。
たこ焼き味は固いとか、うまい棒の穴にカールスティックが入るとか、どっかで聞いたマメ知識を披露しておきました。

次の日にカールスティックが来るかと思ったんですが、そううまく物事はすすまず。
しかし、しかしですよ。なんとバイトの絵師君がコンビーフを持ってきたんです。もちろん缶のままで。ありえん。ありえなり。


一度僕も友人たちと花見したときコンビーフを買ったんですが、あれって缶は何もなくても開けれるけれど、箸でもないと食べるのひと苦労するんですね。

僕らがそのときひらめいた食べ方、それが伝説の「うまい棒にコンビーフを詰めて食べる」なんです。うまい棒はコンビーフを食べるための手段でしかなかったのだよ・・!


その「コンビーフうまい棒」の流れが、全く関係ないバイト先で完全に出来上がってることに僕は恐怖すら感じた。いつそのコンビーフが開けられるのかすごく楽しみです。


そんなこんなで、最近では僕らが各自お菓子を、それもちょっと趣向の凝ったお菓子を持ち集まって仕事する、というなんとも女子高生のような風景が漂ってます。今度干しマンゴー大量に持っていくんだぜ。

そんなことやっててバイト代が飛んでいく毎日です。

posted by hananabe at 05:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

コンピ君、エクセルに隠された秘密を発見する の巻
Excerpt: 「モ??、ひどいよ。この量・・ 今日中に帰れるかな・・・」 渡されたファイルをエ...
Weblog: コンピ君
Tracked: 2006-12-08 09:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。