2006/03/23

失踪日記3日目 豊川稲荷編

失踪日記も途中で投げ出して下関に旅行いってきました。
ふぐうめぇww
そのうち下関のことも書くかもしれません。
続きー




愛知県は豊橋市にて、初めてのメイド喫茶にかなりの満足感を得た僕ら。近くにあれば毎日通うのに!!どうして僕は豊川に住んでいないのはなぜなんだ?と真剣に悔しがったりしたけれど、僕は前に進まなければならない。次のメイド喫茶が待っている。


メイド喫茶を出て、豊川に住む豊川さん(仮名)と合流することになった僕ら。豊橋駅のロータリーまで車で来てくれたようだ。それっぽい車の前で片っ端から合図であるブーンをかますと、ワゴンの中で笑っている人を発見。無事合流できました。

豊川さん曰く、初詣は済んだか?済んでないなら豊川稲荷に行こう、とのこと。信心深いというか、祭り好きなので初詣などの行事は毎年欠かさないんで、勿論初詣は済んでいたんだけど、色んな神社に初詣してもいいじゃない。いっぱいご利益あるじゃない。

ということで、豊川稲荷へ人生初の参拝が決定しました。車中これまでの旅のことや、前日の漫喫セクロス事件のこと等を話してたんだけど、どうやら豊川さん、名古屋でMP3プレイヤーを貸してくれたMP3さん(仮名というか偽名)の知り合いだったようで。

以前にも僕と同じようにスレを立てて旅をしている人を支援してきた仲間同士、だそうで、誰かが旅をすることで、そういう繋がりもできるってことに少し感動。


30分ほど車を走らせ、丁度日が沈んで暗くなりかけた豊川稲荷に到着。

NEC_0033.JPG

本殿まで行かずに、遠くからお参り。それもそこそこに、豊川さんが「ちょっと怖い場所があるんだけど、行ってみようか」とか言い出しまして。

いやね、僕は前にも地元にある有名な牛女の岩に関する日記にも書いたことがあるように、ものごっつ怖がりなんですよ。だけどどういった訳か、怖いもの見たさなのか、そういった話が大好きで。行ってみるしかないんじゃない。でもすごく怖いじゃない。

日も沈み薄暗い稲荷神社。逢魔が刻。オカルティックな雰囲気になって参りました!!

ちょ・・・・!!俺そういうの全然ダメなんですよ・・・!!
とか言いつつ豊川さんについていきます。本殿脇にある小道をどんどん進んでいく。両端に一定の間隔で置かれているお稲荷さんがいい雰囲気だしてます。すっかり暗くなったもんだから途中道がわからなくなったりしましたが、「俺ら無限ループしてるんじゃね?」とかバカなこと言ってたら”その場所”に到着。

NEC_0040.JPG

霊狐塚。

NEC_0035.JPG

暗くてよくわからないやろうけど、実はこんなに狐で埋め尽くされている。


15gem-1-3b1d.jpg

今見てもこわいですね。
(豊川さんが夏に撮影したもの)


42i32-1-cd36.jpg


何か変な世界にぶっ飛んでしまいそうな雰囲気の中、記念撮影。ほんと怖がりなのにオカルト好きだから困る。

その後びびりながらもちゃんとお参りして、ダッシュで元きた道を帰りました。本殿の方についたころにはすっかり日も落ちて、出店や占いのおばさんも完全に店仕舞いしていました。

目的も果たしたし、怖い場所にも行けたので満足して豊橋に戻ります。
なんだか後で聞くところによると、霊狐塚を後にするとき後ろを振り返ったら怖い目にあうとかあわないとか。思いっきり振り返っちゃったよ俺。
更新が完全に途絶えたら、ああ、あいつは神隠しにあったんだと思ってください。って書いててちょっと怖くなったじゃないか!!

豊橋に戻ったところで、豊川さんと坊主さんとでご飯を食べることに。
ファミレスのデニーズに向かいます。

店内に入ると、パートのおばちゃんが
「いらっしゃいませ、デニーズへようこそ!」
と出迎えてくれ、なんだかメイド喫茶を思い出した。

シャケイクラ丼とうどんセットを頼む。
豊川さんから、僕と同じようにスレを立てて旅をしている人がいたこと、そしてそういった人を支援してきたということを聞いたり、これからの予定なんかを話したりした。
またこんな風な旅をしてみたいものだ。

お腹がいっぱいになったところで、豊川さん、坊主さんと別れ、今夜の宿泊地である静岡に向かう。豊川さん、ゴチになりました(*´д`*)

坊主さんとは神戸までの帰路でも再会することを約束。彼女さんもつれて合コンを組んでくれるとかくれないとか。期待しながら電車に乗り込む。

睡眠時間を削りまくってるこの旅、携帯の電池は確保できたんだけど、だんだん肉体電池がきつくなってきました。

次は静岡!!

posted by hananabe at 21:54 | Comment(1) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
やっぱこうやって改めて文章にすると、色々と思い出すなwww
またこっちに来る機会があったら、もっと怖い所に連れてってやるからww
Posted by v at 2006年04月03日 06:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14236236

この記事へのトラックバック

日本の宗教文化
Excerpt: 日本の宗教文化は、実際のところ、宗教を否定する文化のように感じられますね。
Weblog: 心の幸福と宗教の世界
Tracked: 2006-03-25 22:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。