2004/10/28

すぺぺぺぺー。

こんばんわ!はななべです!延ばし延ばしにしてきたけど、今日は、僕の配属された研究室の話をするよ!10月から配属された研究室なんだけど、えと、前にも書いたと思うんだけど、すんげえ先生が厳しいのな。ほんと怖い。なんつーか、よく怒ってます。といっても理不尽に怒るということはほとんどなく、自分に厳しい人は他人にも厳しいっていうパターンの、そういう怒り方。わかりにくいか。とにかく厳しいです。その厳しさのせいかなんとも言えない雰囲気が研究室全体に立ち込めてるんですが、よくわからんルールありまして。



出勤義務のある時間が10時から5時って決められてるですが、まあこれは大学の授業の1限から4限に相当する時間だからしょうがないとして。先生が帰るまで帰っちゃいけないという暗黙のルールが存在するんですよ。これはきつい。下手すると8時9時10時とかになる。しかも僕ら3回生。やることがないのに拘束されるのは正直きつい。んで、それをわかってくれてるのか、院生の一人は「帰っていいよ」って言ってくれるんですが、帰れない。帰れる雰囲気じゃない。なんかそこらかしこから出るプレッシャーに怖気づいてしまうんですね。



意を決して3回の研究室仲間・キッコーマン(何度も言うけど自分で自分に亀甲縛りを施せる)と二人で、帰ろうと立ち上がり、先生に挨拶しに行くんですが、たったそれだけ、それだけのことで神経がすり減ります。ほんと、ニュータイプなんじゃないかってくらいプレッシャーが強い。



さらには、これから先、研究を始めると細胞を培養することになるので、土日も学校にきて世話をしてやらなければ行けません。まあ、すぐ終わる作業なんで一日つぶれるということはなさそうなんですが、完全な休みってのがこの先当分ないみたいなんですよ。どうやら夏休みとか、そういった類の長期休暇もなく、夏に1日、正月に1日程度休めるとかいったレベルの話らしいです。



完全におかしい。俺、頑張りすぎ。今までの大学生活、相当だらけて過ごしてたんですが、うん、それももう週休3日だとか4日だとかは当たり前で、絶対に出席すべき実験まで休んで海に行くとか、ほんとトチ狂ってるんじゃないかってくらいだらけてた。それが、いまや毎日のように朝から晩まで学校に。どんだけ遅くに寝ても朝8時前には目が覚めてしまう哀しさ。みんなでコサックス(オンラインゲーム)やりまくってたあの頃がなつかしい!!またやりてえ!



というわけで、なかなかきついです。今まで楽だった分、もう逃げ出したい!!

でも、先輩のみなさんもよい感じの人って分かってきたし(今まで先生のプレッシャーの余波で全員怖かった)、自分で選んだ道だし、頑張ってやっていきたいと思います。むしろ研究室の雰囲気ぶち壊すくらい楽しくやりたいぜ!!



同回生の変態・キッコーマンと共に自分の体に亀甲縛りを施し、その上に服を着て研究室で過ごす、とかどうかな。

いつもと変わらず実験をする二人。しかし一度服を脱げば、そこには体を網羅する縄が!!先生にこっぴどく叱られてるときも「フン、俺の亀甲をみたらどんな顔するかな」みたいに気持ちに余裕がでると思うんですよ。すげえな。怖いものなんて何もない!!学会とか出ても余裕じゃねーか。誰も発表者が亀甲縛りで縛られてるなんて思わないやん。超越した存在だ。



よし、明日からキッコーマンに教わっていっちょやってみっか!!あ。ウンコできない。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/10

2004/10/23

タイフーン

僕らがクソガキだったころ、台風の上陸は学校を休みにしてくれるありがたい存在だった。僕の住む地域は、台風が来てもさしたる被害はなく、そもそも台風が直撃すること自体が稀なことが、台風に対し、恐れだとか危ないとかいった感情を抱かなかった原因かもしれない。



そんなこんなで、台風がくるからって懐中電灯や非常食なんかを用意したり、慌ただしく動く大人達を他所に、なんだかいけないと思いつつもなんだかワクワクして、8時までに警報がでたら休みだ!なんて思いながら台風情報を見ていたものだ。



TVに写るのは、もっぱら風で傘がブリン!ってひっくり返ってるような映像ばっかりだったし、ほんと、台風が与える被害なんて、「出雲のそばでハナナベ社長に5000万円」とかそんなレベルでしか考えてなかった。



それがまあ僕もそれなりに大人になり、嵐がこようが研究室に顔を出さなければならないようになると、台風ってのは邪魔な存在でしかなくなるんだから面白いですね。



警報が発令され、授業もお休みになった学校に行く僕。研究室で特にやることもないのに、なぜか帰れない雰囲気でして(研究室メンバーの持つ尋常じゃないプレッシャーについてはまた今度)、台風がほんと直撃する寸前でプレッシャーは解除、なんとか4時過ぎには帰ることができたんですが、すでに外は暴風。TVに映ってもいないのに傘がブリン!ってひっくり返ってもなにもおいしくありません。



しゃーないから同じく学校にいた石川さんを誘って研究室仲間のキッコーマン(自縛亀甲縛りができる)と3人でリッチにタクシーを呼んで帰ったんですが、このタクシー、すげえ気が利かないのな。



こっちは雨に濡れたくないからわざわざタクシー呼んでるのに、校舎の入り口まで来てくれない。タクシーに乗るまでにすでにびしょ濡れになりまして、さらに驚くことに、駅で降ろすときにも屋根のないところで止まりやがんの。勘弁。



んで、電車から降りてみれば、なぜだか駅のホームで熱烈にキスをしてるカップルが。風が強すぎて雨が降り込んでいるのに、キッスですよ。ほんとぶっちゅーって感じにキス。見紛うことなきキス。台風の中心でキス。

なんかやつれた。



とまあ、台風に研究室、タクシー、キスと、コンボを決められた僕は、帰ってから熱出して寝込みましたとさ。



まあ、なんだかんだ言いたいのは、台風が来て嬉しいのは小学校の間だけってことだ。教育TVがずっと見れるし!!ポッケ!ポッケ!パピプペポッケ!おやつ好きお昼寝好き、でも暴風警報は?もっと、好き!!



グダグダになったので、おしまい。


posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/10

2004/10/17

実りの秋

お久しぶりです、はななべです。なんだか夏休みが終わって生活ががらんと変わって、色々なことを書きたいと思ってるんですが、なんせやる気がないみたいです。そのうち書きたい。



ところで、このごろ肌寒くなってきて、僕はもう着る服がなく2日連続同じ服装で学校に行き、「昨日と同じ服だね」との突っ込みに「パンツが違うだろ、ボケ!」と情けなく返している今日この頃ですが、皆さんいかがお過ごしですか。



食欲の秋、芸術の秋、とまあ秋は色々楽しみがあるようですが、僕はここ数日泊り込みの農場実習で実りの秋を満喫してきました。柿やサツマイモ、米なんかを収穫したんですが、といってもやっぱり実習、収穫したものはほとんど売りにだすわけで、僕らが口にすることができるものは一部の「傷付き」とか「奇形」とかのいわくつきのものだけなんですね。



んでまあ熟れ過ぎた柿とか、傷ついた芋なんかを夜に食べたりしたわけなんですが、そんとき学科の友人達が僕に「はななべ君の柿を見つけたからあげる??」とか話しかけてきまして、なんだか変な形の柿を僕にくれたんです。





↑これ



なんかみんなして「鼻がそっくり!」とか言って喜んでたんですが、ごめん、これチンコにしか見えなかった。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/10

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。