2004/02/27

ホワイトデー is カミングスーン

ども、はなべです。もうすぐホワイトデーですね。ケーキ屋のバイトも大忙しです。バレンタインから忙しいっぱなしだ。大車輪のごとく、とかいう言葉がぴったりです。

忙しすぎてもう戦場と化してます。去る2月14日、バレンタインデーの日に僕はサークルのミーティングに出るために、9時から入って16時で上がりと、ちょっと労働時間を短くしたんですが、工場長は

「なんで16時までやねん!え、デートか?しばくぞ!」
とか言ってきます。俺だってデートがよかったわい。
「デート違いますよ」と否定しても、
「はい絶対嘘ー、デートやー」と聞く耳持たずです。かんべん。

その後僕がバイトを終え帰るときも心なしか皆の反応が冷たかったです。僕の顔も見ずに「おつかれしたー」とか言ってます。信じてくれ、俺はこれからデートなんて甘ったるいもんじゃなくて、緊張感漂うサークルのミーティングにいかなあかんのだ。なぜこの日に。


とまあ、こんな具合で毎日過ごしてるわけです。
今日も時間にルーズな僕ですが秒刻みで時間に追われて仕事してたわけですが、僕の頭はひとつの事しか考えられらなくなります。


うんこがしたい。


どうやら昨日の晩に飲んだ「アロエエキス」が効いたようです。興味本位で飲んでみたんですが、これがまたまずいのなんの。アロエヨーグルトみたいな味を想像して軽い気持ちで飲んだのが間違いでした。アロエそのままです。

で、このアロエエキス、お通じがよくなる効果があるそうです。便秘でお困りの方は女性は飲んでみてはいかがでしょう。

てか、昔から「便秘は女、下痢男」というように、男っていうのは基本的におなかゆるいんですよ。アロエなんかに頼らなくても全然オッケー。そんな男の僕が飲んだものだから即効できますよ。

しかし、お伝えした通り工場内は火の車、僕がうんこする暇すらないような雰囲気です。波状攻撃をしかけてくるお腹に対し、なんとか耐える僕。

焼いてるクッキーがこれまたちょっとウンコに見えるのが更に拍車をかけているのか。あまりにウンコに見えてきたもんだから我慢せずにここでしてもばれねーんじゃないかと思ったくらいだ。

その後僕は休憩時間までなんとか耐え、工場内をパニックにすることだけは免れました。てかそんなんしたら人生乙やん。

さあ、来たる14日、ホワイトデーには僕が丹精込めて生地を練り上げたそのクッキー、あなたの一番大切な人にどうですか。僕の冷や汗とか隠し味です。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/22

最近暑いですね

昨日の飲み、色々とすまんかった。慰めたりしてくれた人ありがとう。もう無理やでとか言ってくれた人、真摯に受け止めておきます。



帰り、打ちひしがれてタクシー乗り場に向かうと、そこにはタクを待つ人の長打の列が。ふんだりけったりだな。

そんな僕に「かなわんのー、兄ちゃん」という声が。なんだ、こいつなぜ俺の心が読める!!と振り向くと、そこにはネクタイをしめた紳士的なジジイがいました。



「どんだけ待たなあかんねんな。10分やそこらじゃすまへんで」

どうやらタクのことを言っているようです。僕はそんなことよりかなわんことがあったのだが、「なんや、タクシーか?この時間は多分すぐタクくるで」

と返しておきます。したら、このジジイもかなり酔ってゴキゲンらしく、ものすごい話しかけてきます。



「おう、兄ちゃんお勤めやろ?」

「いや、俺まだ学生。まだまだガキや。」

「ああ、まだ学生なんか。最近学生て勉強せーへんのやろ」

「せやなー。」

「でも、ユーは違うやろ。」

英語も達者なこのジジイ、歳を尋ねると75だとか。



「おじいちゃん歩くのがしんどーてなあ」

「そうか、長生きしーや。うちのばーさんもっと歳いってるけど元気やで」

「おーそうか。ばーさん大事にしろよ」

「しとるで」



年配の方に対する口の聞き方がなってない気もしますが、こんな具合に世間話に華を咲かせていると、いつのまにやら列はなくなり、ジジイが先頭に。



「ほな兄ちゃん、乗るわ」

「おお、じいちゃん元気でな。長生きしーや」

「おお、兄ちゃんもがんばれよ」



と別れの挨拶を交わし、ジジイはタクに乗り込み行ってしまいました。なんだか気が楽になりました。ジジイと話すのって嫌いじゃないです。幼稚園の頃にmyジジイが亡くなったので、ジジイというものを無意識のうちに求めていたのかもしれません。ほんまかいな。



そんなこんなで、その後タクシーに乗る頃には幾分気が楽になっていました。ジジイ、ありがとう。



昨日世話してくれた人もありがとう。



落ち込んだりもするけれど、わたしは元気です。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/16

飯は18cに入って食糧貯蔵の研究をするまでは石を売って賄います。

どうでもいいや。



今日、神戸は三宮、でかいハンバーガー屋の近くにあるイタリアン店で昼飯食ったのですよ。久しぶりにスパゲッティとかリゾットとか横文字なものが食べたかったみたいです。



そしたら、中の人は誰一人イタリーなものをたべておらず、どのテーブルの上にも、同じメニュー「蒸篭セット」が置かれていました。なにかがおかしい。横文字のものが食べたかった僕ですが、その場の雰囲気に思いっきり流されて蒸篭セットを頼んでしまいました。

自分を持っていないのか、と言われそうですが、しょうがない。オセロで言ったら僕も蒸篭になるより他ない状態だったんだ。



栄養満点のお弁当みたいな中身でした。そこら辺が若い女性に人気な所以なのかもしれないですが、僕はリピーターになりそうにありません。あ、でもデザートおいしそうでした。



やっぱり僕がこじゃれた店で食べようと思うのがいけないのか。これからは居酒屋でナマコでも食い尽くしてます。



おしまい
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/13

no-title

ttp://kuds.at.infoseek.co.jp/Other/erotrivia.html

pyaに載ってました。エロトリビア。



やっぱ童貞は最強です。弁慶あつい。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/11

バレンタインデーキーッス

うーん。むちゃくちゃ忙しいです、ケーキ屋バイト。バレンタインなんてあれだろ、どうせカップルのためにあるんだろ。



「洋平君、チョコあげる。バレンタインだもの。」

「わあ、美紀ちゃん、ありがとう。」

「ねえ、洋平君・・・私のこと好き?」

「うん、好きだよ。死ぬほど好き。」

「死ぬなんて言わないでよ!私、洋平君が死んだらイヤ!」

「俺も美紀ちゃん死んだらイヤだ、絶対生きていけないよ!」



などと、どこかで聞いたようなめくるめく愛の言葉を交わすためにあるようなもんですよ。

まあ、カップルは100歩譲って許そう。世の中のお母さん!!あんた息子を信じなさいよ。わざわざ売り上げに貢献しなくていいよ!!



とまあ、バレンタインが疎ましくなる毎日です。でも、僕のこの汗と涙と鼻毛が、人の幸せを支えているんだ、と考えると、なんだか気分も清々しくなる気がします。カップルも仲良くしてください。



そんなこんなでそろそろ本題。今日は音楽の話です。

やっぱりやめて、漫画の話です。もう意味分かりませんね。音楽の漫画の紹介をしたいと思います。



一色まことさんの「ピアノの森」っていう漫画なんですが、ご存知の方もいるのではないでしょうか。

簡単にあらすじを言っておくと、森に置き去りにされたピアノを小さい頃から弾き、そのピアノは天才的なのだが、他人に聞かせたことがない「一ノ瀬海」の物語です。

ある日海の通う学校に4歳の頃からピアノを習っていて、将来ピアニストになりたいと思っている「雨宮修平」が転校してきて、二人は友達に、そしてひょんなところから同じピアノのコンクールを受けることになるのです。

コンサート当日、与えられた楽譜を完璧に弾き、”これ以上のピアノは誰にも弾けない”と確信した雨宮だが、その後に弾いた海は強弱もリズムも無視した、でも完璧を超えたピアノで、聴衆を虜にする__



みたいな内容です。あらすじ書くのって難しいな。ものごっつおもんなさそうだ。まあ、実際は結構面白いので読んでみてはいかがでしょう。言ってくれたら貸します、てかあげます。



ピアノに限らず音楽やっている人は、おもしろいというか、色々インスピレーションを受けると思います。

「もっと自分のピアノを好きになった方がいい。そうすれば他人と比べる必要なんてないことがわかるから」

むっちゃいい言葉だ。



うーん、真面目なことを書くと疲れます。エロビデオでも見て寝ます。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/08

hanage

みなさん、もうすぐバレンタイン・デーですが、いかがお過ごしでしょうか。僕は今日久しぶりのバイトで12時間働いてきました。12時間て。1日の半分バイトしてるやんけ。

なんか最近ものごっつ忙しいんです、ケーキ屋。うちのケーキ屋は、ってかたいていのケーキ屋はチョコ類も扱ってると思います。バレンタイン間近にチョコ置いてないのはケーキ屋にとって夏に花火を売ってないコンビニくらい致命的です。ほんまかいな。
ともかく忙しい。店も大繁盛です。バレンタインに相まって最近新聞やテレビに出たようで、店の外まで客が溢れる始末です。

で、そろそろ本題に入りますが、今回はバレンタインネタではありません。2月1日の日記に鼻の悩みがあると書いたので、そのことについて。
いや、2月1日の題名がモロに「hanage」なんですが、最近鼻毛が伸びて伸びて、しまいには僕のでかい鼻の穴から出る始末なんです。ん、鼻の穴はでかくないか。

もう大変ですよ。鼻毛って、今後の人生を大きく左右するような、重要なファクターだと思うんですよ。鼻毛がちょっと出ていただけで、かっこいい男の子でさえも人気がだだ下がりです。「鼻毛出てるキャラ」が定着してしまいます。あなたの周りにもきっといるはず、いつも鼻毛出てるやつ。

てなわけで、友達の前で鼻毛を出そうものなら、いや男の前ならいいか。女の子の前で鼻毛を出そうものなら、もう人生乙ですよ。携帯に入れられてる名前が「ハナゲ」にされてたりして。

あ、そうそう、女の子も同様、いや100万倍気をつけなきゃいけないでしょう。昔新歓コンパ、みたいないかにもな大学生イベントでうかつにも鼻毛を出してしまった女の子は、そのときから「ハナゲちゃん」と影で呼ばれるようになりました。失礼な話ですね。ただ本名しらないので僕も彼女のことを「ハナゲちゃん」としか呼べない。


伸びる鼻毛を駆逐しつつ、なんとかその原因を見つけようと必死な毎日。鼻毛が伸び始めたのは大学入ってからなのですが、大学周辺の環境はいたって普通で、公害がヒドイ、ということはないですので、大学自体には多分関係ないでしょう。じゃあ一体なにが僕の鼻毛を伸ばしているのでしょう。捜し求めていた答えが、今日見つかりました。


チョコレートの粉。

これです。今日、ケーキ屋でバイト中、鼻がむず痒かったのでティッシュをおもむろに鼻の穴に突っ込んだのですよ。そしたら、なんかティッシュが茶色くなってやんの。僕は大概バイト中チョコと格闘してるので、そのときに飛び散ったチョコの細かい、ほんとに細かい粉がどうやら僕の鼻に侵入していたようです。僕の鼻はその粉から僕を守るために、鼻毛を伸ばしていたのですね。感謝。

これからは鼻毛を邪険に扱うことなく、大切にしていきたいと思います。鼻毛帳とかつけます。鼻毛が何センチ伸びたか、月ごとに記入するの。

「鼻毛が30センチ以上伸びる月は絶好調!!誰も僕を止めることはできない!」
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/07

春休み突入

なんだかんだでテストが終わり、春休み突入です。その勢いで打ち上げが行われ、記憶失うくらい飲んだりしてました。たいした勉強もしてないのに僕は何を打ち上げるつもりなんでしょうね。



その後カラオケいきました。カラオケに入ってからよく覚えてないのですが、カラオケの店の前で僕の学科の友達かつ、ミヨシ君と同じ学科の子と喋ったのは覚えています。

とりあえずミヨシ君がいかにオタクであるかを説いて聞かせました。ミヨシ君ごめんよ。



カラオケ後一人ぶっ倒れて、救急車呼んだり大変でしたが、まあ無事な様でなによりです。



なにはともあれ、今日から春休みです。相当暇です。燻製とか作ろう。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/05

あがわわわ

ええ、ただ今テスト期間の真っ只中におりますはなべべです。テスト直前になるまで勉強などするはずもなく、テスト前日というか、テストが始まる数時間前から勉強を始める有様。



それでも、どうにか一日一殺をモットーに今までこなしてきました。しかし、僕は重大なミスを犯していた。明日はテストが2つある。今まで1科目のぬるい状況だったのだが、木曜だけ2科目!!



なんで気付かなかったんだ!!



もう勉強できる時間が4時間ほどしかない。しかもどっちもゼロ勉だ。ああ、うんこだ。



でも、やっぱりこれ以上単位は落としたくない。というわけで、やるしかない。やるしかないんだ。



それしかないんだよ?? それしかないんだよ??それしか・・・



マチルダさ??ん マチルダさ??ん マチルダさ??ん



貴様が最強の兵だからだ!!!



貴様だって、ニュータイプだろうに!!!!



し、塩がないのはタムラ料理長!!!!
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

バグ

最近パソの調子がすこぶるイクない。なんか、起動したら画面が真っ白で、なにも表示されない。正確には表示されてる。真っ暗じゃないから。ともかく起動はしていて、見えないながらもwindowsキーと「U」で電源切ったり、再起動したりとしてみるんだが、一向に直らない。ノートなのでディスプレイとつながってない、とかないだろうし・・・



これはまずい。まずすぎる。明日のテストの問題の答えをネットで見つけて保存してるのだ。なんとしてでも直さねば。説明書読み漁るけど、直らない。



いい加減腹立ってきて、画面をパンチしてやりました。6発目くらいで直りました。なんじゃそりゃ。ぐぐってみたところ、どうやら接触不良のようです。これから同じ症状で苦しむ人がでるかもしれないので、僕もこの出来事をネット上にさらして置きます。



スペック

パソ:FMV??BIBLO ne9/1130

OS:windows xp

cpu:Pentium III 1.13GHz-M

標準メモリ:256MB



症状

一応立ち上がってるみたいだが、終始画面が真っ白で何もみえない。



対処法

画面を殴る。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/04

ただ今、5時半です

あほなことばっかやってたので、5時間後に始まるテストの勉強を全くしてません。今からやります。がんばれ、俺。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/02

夜が明けるよ

夜が明けていくよ。僕の脳みそはとろけそうだ。否、もうとろけてしまっているのかもしれない。



明日意味わからん授業のテストがありまして、その科目は理系の僕には到底無縁そうな「社会理論」とかいうわけわからんやつです。



「啓蒙的社会観の難点は万人に理性能力を想定することが前提であることだ」



みたいなおおよそ僕には理解できない言葉がいっぱいです。嘘だ。この文章だけは理解できた。



ともかく、勉強しようと机に向かうと、なぜか耳かきを始め、プリントを5分眺めるとなぜかギターを弾きはじめたり、まったく勉強に手がつかない状態です。日ごろ滅多に弾かないのに。ギター。



最近になってやっとジュリマリを聞き出したよ。ジュディマリ?どっちが正しいんだ。誰か歌ってくれ。女の子がいいですが、オカマでも考慮します。最悪の場合、ネカマでも構いません。



ともかく、読めども読めども全く文章が頭に入らんのです。情報処理機構が働いていません。



挙句の果てに、検索サイトで「資本主義」とか検索しちゃってます。それぐらい知っとけ。



もう、僕の頭は限界です。



この文章も激しく支離滅裂です。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

2004/02/01

hanage

僕の鼻がでかいことはみなさん周知の事実かと思います。もともと生まれつきでかかったんでしょうが、僕の鼻は中学2年生のときに大きな転換点を迎えることになります。



スラムダンクの影響でバスケ好きな僕は、中学のときになぜか野球部に所属していたのですが、ええと、僕の行ってた中学にはバスケ部というものが存在していなくて、イケメンたれ目君と教育指導の先生に抗議しに行ったりしましたが、まあそれはまた別の話で、ともかく野球部だったんです。



で、ある日の昼休み僕は野球部仲間とキャッチボールをしていたとき、その事件は起こったのです。



そのときは確かゴリラ君と、イケメン大仏君と3人でキャッチボールをしてたのですよ。僕の友達には「イケメン」とつくやつが多いのですが、それはまた別の話。



で、3人で半ばふざけながら楽しんでたのですが、ある瞬間、何を思ったのかイケメン大仏君がゴリラ君に投げる振りをして、僕にノールックでボールを投げてきたんです。



ノールックですよ、ノールック。バスケなんかじゃ当たり前のテクですが、野球、ましてや「心の会話だ」なんて言われているキャッチボールにおいて、ノールックなんて必要ないはずです。

僕はとっさのことに反応できず、もろに顔でキャッチしました。もともと鼻が大きかったこともあり、確率的にも物理的にも鼻に当たるように出来ていまして、直撃しました。



鼻血ブーです。



僕は今まで生きてきたなか鼻血をだしたことはほとんどなくて、どんなにエロいシチュエーションにも、どんな衝撃にも耐えてきたのですが、このときばかりは鼻血が止めどなく出てしまいまして。



こうして僕の鼻はこの日を境に生まれ変わり、さらに大きくなって帰ってきたのです。



その鼻も、最近一つの悩みを抱えているのですが、それもまた別の話。



やった、別の話がいっぱいでてきた。
posted by hananabe at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2004/02

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。